群発頭痛 完治へ向けて

群発頭痛の認知度を上げつつ、薬や治療法を共有したい

群発頭痛を知っていますか?

はじめまして

都内に住んでいる30代後半の独身男、しんちゃんです。

 

今回、初めてブログを書くことにしたのはタイトルの通り

群発頭痛

という恐ろしい痛なのに、認知度の低い病気を知ってもらうとともに、

長年付き合っているこの病気に対して色々な治療法や薬を試してきたので

苦しんでいる人たちと良い薬や治療法を共有出来たらと思いながら

同じ病気の人が周りに1人もいないので、これを機に。

あとは、気ままな日々のことや趣味の好きなものを紹介していきたいなと。

 

 

まずはこの病気の簡単な説明をさせてもらいますと

 

特徴としては、とんでもなく痛い・・・

頭痛という名称ですが、実際は目の奥のあたりがえぐられるように痛む。

 

筆者は我慢強いほうではありますが

この発作が出たときは、痛みで貧血を起こし寝込み、「助けてくれ」と唸りながら

のたうち回り、悶え苦しむのです。

 原因に関しては

「何らかの理由で三叉神経が炎症物質を放出するために目の後ろの眼動脈や内頚動脈が拡張し、炎症を起こすことによる」

となっていますが結局は不明、根治はできないため現在は発作時の痛みをどう止めるかしかありません。

 

世界3大痛の1つという、できれば避けて通りたいアワードをいただいております。

心筋梗塞

・尿路結石

群発頭痛

ということで、女性にとって何よりも痛いという噂の出産よりも上の痛みだそうで。

(筆者は男のため、永遠に比較することはできませんが)

 

自殺頭痛 

なんとも恐ろしい別名もあり、実際にあまりの痛さに耐えきれなくなり

自殺した人もいるといいます。

心筋梗塞も尿路結石も一人の人間が何度も繰り返しなるものではないとは思うが

群発頭痛に関しては、一般的に1年のうちに一定期間(1~2か月間)ほぼ毎日少なくとも1回(1~3時間)発作が起きるという地獄絵図、ゆえにその人の気持ちもわからなくない。

 

有病率は0.056%~0.4%程度、つまり約1000人に1人、とされており非常に少なく

(筆者も未だかつて自分以外に1人も会ったことがない。)

一般的な認知度も全くないので群発頭痛持ちだと人に伝えても、

???がついて、偏頭痛の一種くらいにしか思われないため、

発作時に痛みを訴えても「大袈裟な・・・」程度に思われることも多いのが悲しい現状です。

 

ここまで散々なマイナス面しか書いてませんが、プラス面も一応はあり

どのように統計をとったかは知りませんが

この病気を持つ人の特徴として

・平均身長が高め

・知能、仕事のスキルが高い人、企業家が多い

・愚痴っぽくなく、さっぱりとした性格

が多い傾向もあるそうで(病院のHPにも書いてあるので全くのデマではない?)

自分も当てはまらなくもないかなぁ、という感じですが。

 

ということで、まずは群発頭痛の紹介しましたが

私の症状としては、20歳頃に発症してから毎年起こり、

ここ最近悪化してる気がしますが

今は群発期としては1年のうちに1~2回、1回1~2か月、2~3回/日(1回1~3時間)

と結構重症な方なのかなと。

 

 とりあえず先週から群発期に入ったようで、苦しんでいる時期です。

次回以降、薬、治療法、対処法を紹介していければと思います。

ではまた。