群発頭痛 完治へ向けて

群発頭痛の認知度を上げつつ、薬や治療法を共有したい

群発頭痛の薬に関して

こんにちは

今日は群発頭痛で使用してきた薬に関して紹介していければと思います。

 

まず、病院で処方されるものの中には予防薬と発作時に使う治療薬に分けられます。

 

予防薬

脳の興奮を抑えるためのもの、抗うつ薬

・ワソラン、デパケン、ミグシス、トリプタノール

 

発作時の治療薬

痛みの原因となる血管の拡張、炎症を和らげるもの

イミグラン(経口、点鼻)、ゾーミッグマクサルトレルパックス、アマージ

 

色々ありますが上記のどれかが多いかと。

 

効き目に関しては、

経験上だけの話なので、体質によってみなさんそれぞれだと思いますが

筆者は予防薬は全くと言っていいほど効きません・・・

むしろ飲むと頭痛が誘発されるような気がするくらい。

 

次に治療薬は

基本的にどれも効きますが、特色があります。

使ってから効果が出るまでの早さに関してはイミグランレルパックスマクサルトかと。

効果が出るまでの早さはかなり大事な要因で、群発頭痛は予兆があってから30分くらいすると痛みがでることが多く、ピーク時点で治療薬を飲んでも全く効きません。

そのため、使用後に効果が出るまでの時間が短ければ短いほど痛みを避けられる可能性が上がります。

しかし、この2つに関して効果の持続時間が少し短いため

筆者のように一日に何度も起こる可能性がある人にはあまり向かないかも。

ただ、発作の初期段階になってしまった場合はこの辺を使うしか避ける方法がないため必ず常備はしてます。

 

持続時間に関してはアマージがピカイチ。

ただ効果が出るまでの時間がかかるため、発作の予兆時点で痛み始めるまで30分以上余裕がないと効かないことも。

自分の発作の予兆をしっかり理解しているベテラン向き。

ただ、持続時間は半日~1日あるため一度飲めばその日は大体無痛でいられることが多いです。

 

しかし、どの薬にしても飲みすぎると危険なのです。(まあどの薬もそうですが)

そのため病院でも月に2週間分くらいしか出してくれないところが多い。

 

とはいっても、1日1錠の2週間分で1か月を過ごすことなど絶対に無理。

そのような人がほとんどかと。

 

そのため、筆者も本当はいけないのですが、いくつかの病院を渡り歩き

少なくとも1日1錠分以上はもらっております。

身体に悪いといわれても、あの地獄のような痛みを薬なしで我慢するよりは断然マシ。

 

その他の方法としてネットにて薬の輸入通販サイトがあるので、

上記の治療薬のジェネリック(日本で認められていない物も多く、どれも処方してもらうことに比べるとだいぶ高価ですが)

を購入したりもできます。

基本的に同じ様な効果は得られます、保証はできませんし副作用も謎なのですが。

 

つらつらと書いてはきましたが、薬として勧めるのは即効性があるイミグラン点鼻と

持続時間が長いアマージ、この2種類を処方してもらい使い分けることがベストかと。

 

次回は薬以外の対処法、針治療、整体、酸素吸入なども書いていきたいと思います。